ためしてガッテンのほうれい線特集は、もうだいぶ以前の放映なのですが、いまだに「ほうれい線」でお悩みの方には、気になる動画のようです。

ほうれい線は、筋肉の衰えや緩みによって起こると考えられていましたが、単純に肌の張りがなくなってしまい、重力によってたるんでしまうためにできてしまいます。顔の筋肉はと言うと、肌の内側の筋肉は加齢とともに弾力が失われてしまうのですが、緩むのではなく縮んでしまうそうです。したがって、その状態で表情筋などを鍛えると、さらに大きなシワができてしまうことになります。

 

そこで「ためしてガッテン」では、顔の筋肉を鍛えるのではなく、顔の筋肉をリラックスさせるのが効果的だと紹介しています。実際には、首から鎖骨にかけてを優しくマッサージ(なでる程度)して、血流やリンパの流れを改善するというものです。

 

 NKJ56_hohonitewonoseru_jpg500-min

 

 

  ・シワを伸ばさねば!

  ・リフトアップしなければ!

 

とばかりに、顔を引き上げるようなマッサージばかりやってると、顔の皮膚が伸びてしまい、逆に皮膚にたるみができてしまい、シワができやすい肌になってしまうので、要注意です。

 

 

ほうれい線を消すマッサージとは、顔を一切触らないマッサージだったのです!マッサージの目的は、リフトアップでも筋肉をほぐすのでもなく、リンパ管音仕組みを利用して、顔の血行を良くして、むくみをなくすことなのでした。

 

具体的には、首から鎖骨にかけてまっすぐ手で撫でるように、隠る抑えて

  1.鎖骨のくぼみを意識して肩を回す

  2.逆の手で鎖骨中心にを円を描くように3周マッサージ
    (右手で左肩、左手で右肩をマッサージ)

  3.同じように首の頸動脈付近を3周マッサージ

  4.耳から鎖骨にかけて血管に沿うように上から下へマッサージ

  5.肩から鎖骨にかけて下から上へマッサージ

  6.首の後ろの肩甲骨から前の鎖骨に向けてマッサージ

  7.後頭部の髪の毛の生え際から前の鎖骨へマッサージ

 

このマッサージのポイントは、「強さ」です。マッサージと言っても、なでる程度の力で行います。筋肉を動かさずに、手の重みだけで皮膚を押さえる程度の強さで滑らせていきます。また、甲状腺や血圧に異常のある方や顔のリンパ浮腫のある方は、このマッサージをしてはいけないそうです。

 

ただこの方法は、むくみの解消には効果がありそうですが、肌の乾燥による、ほうれい線やゴルゴライン、マリオネットラインといった顔の大きなシワには、やはり肌の内側と外側からのケアも必要だと思います。

 

私のこのためしてガッテンの方法に加えて、ほうれい線をなくす化粧品と

>>> [b.glen]細胞レベルで甦るエイジングケア

 

飲むヒアルロン酸を続けています。

>>> ★152648個完売★限定100セット!乾燥肌を潤すヒアルロン美潤500円

 

おかげで、いまのところ、エイジングケアには不安はありません。