ほうれい線を消すために、効果のある食事があるそうです。

 

kihon_syoku

 

「世界一受けたい授業」でタレントの麻木久仁子さんが

実際に1か月続けた食事があります。

 

ほうれい線を消すには、

肌内部の真皮層のコラーゲンとヒアルロン酸の減少を止め

増やさなければなりません。

 

番組では、真皮層に網状に張り巡らされ、

肌の張りを支えているコラーゲンに注目してました。

コラーゲンは赤ちゃんの時に最も多く、

それからは徐々に減少していきますが、

40歳以降は急激に減少してしまうのです。

 

0003

出典 http://health.goo.ne.jp/column/woman/kotoba/0004.html

 

ですから、肌の張りを維持するにはコラーゲンを

増やすお手伝いが必要になります。

コラーゲンは主にタンパク質でできているので、

良質なタンパク質を多く含む、

たまご、ヨーグルト、チーズ、鶏のささ身、まぐろ、かつおなを

摂るのがいいとされています。

 

番組では、神経機能を刺激して、肌や筋肉を引き締めてくれるという

「DMAE」という成分が多く含まれる「鮭」に注目してました。

さらにコラーゲンの生成を助けるビタミンCとして、

キウイフルーツが、おすすめでしたよ。

 

0-05

 

1日分の量としては、鮭2切れとキウイ個が推奨されていて、

さらに夕食が効果的とされてました。

コラーゲンは就寝中に生成されるので、夕食がいいそうです。

 

夕食以外でも、ビタミンCとタンパク質を

意識して食事に入れると、ほうれい線の解消にはいいようです。